読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博打DAY

2月28日(月)〜3月1日(火)
卒業まで残り約1ヶ月!

なんだかんだ2日に一回の更新になってきました。笑
「それでもなお」続けることに意味があるのだ!と自分に言い聞かせてこれからもゆるーく続けていきます!

では28日のことから
2月最後の日は昼前に起床してすぐ
紙潤とリョウタが我が家に。
f:id:koyosoccer13:20170303011121j:plain
久々の紙潤やったけど入学したてのときと変わらない感じだったな〜。
リョウタはこの日で熊本に帰るということだったから少し寂しい気持ちに…

なんだかんだ卒業まで残り僅かだから
また会えるとは限らない訳で、、、
これまでは当たり前のように「また今度!」って言って会えてたけど、もう社会人になってしまったら一生会えないかもしれないんだよな〜って1人感傷してました。はい。笑

だからこそ残りの時間を大切にしていきたい。
リミットがあるからこそ、かけがえのない時間になるんですよね。

で、昼から店長と打ち納めの約束してたから
二人と別れて、小倉に向かいパスポートを取得して7へ。

これまで店長と奥さんと一緒に行った日は全敗してたから最後こそは…

って思ってたけど、結局呪いは解けず
残念な結果に終わってしまった。笑

まぁ、これが定めかと自分を納得させて
22時ごろ帰宅。

もう博打は当分いいかな。
それよりも、もっと今しか会えない人に会ったり、今しかできないことをしたりする時間に費やそうと思う。
そんな1日でした。

3月1日
この日は本当は広島に帰る予定だったんだけど、勤務地の通知書が届くまで待とうと思って1日延期。

それとおばちゃんと、あっきーとの時間も残りの僅かやから二人との時間に費やすためってのもあって残りました。

ということで、昼飯を二人とめぐで食べて
その後麻雀を打ちに行きました〜。

麻雀打ちながら、この時間から遊べるのも残り僅かか〜とか思ったり。

大学四年間1番時間を共にした二人と
これからもう一緒に遊んだりできんって考えると辛いなー。

この二人と会ってなかったら大学生活どうなってたんじゃろ〜っていっつも思う。

たぶんおばちゃんと出会ってなかったら
大太鼓の先輩方との関わりもなかったじゃろーし、今住んでいるこの家も途中で引っ越してたかもしれない。
もしかしたら元カノとも付き合えてなかったかもしれない。
出会えたからこそ今の自分がある訳で、、

そんぐらいおばちゃんとの出会いは
俺の大学四年間にとって大きいものだったな。
なかなか本人を目の前に感謝の気持ちを伝えるのは照れ臭いから、この場を借りて伝えます。
ありがとう。

そしてあっきー。
あっきーは入学当初から
「あっ、この子と友達になりたい」ってゆうフィーリング的なものが働いて仲良くなったな。

子供っぽいとこもあって、けど凄い社交性があって同学年ながら尊敬できる部分が羨ましくもあり、ときには嫉妬なんかもしてたっけな〜。

あんなイケメンで、女の子の扱い知ってるのに元カノにはゾッコンで別れた後は大変やったけどね。笑

周りに気を遣えて、何かあれば相談のっちゃるばいって自己犠牲を惜しまないとこに何度か助けられました。

四年間仲良くしてくれてありがとう。
f:id:koyosoccer13:20170303020803j:plain

なんか遺言みたいになっちゃったけど。w
本当に2人と出会えて価値観が変わったと思う。(良い意味でも、悪い意味でも。笑)

社会人になっても大事にしたい親友です。

これ書いててふと思い出したのが
父さんの言葉。

「社会人になっても、どんなことがあろうと友達は大切にしなさい。
社会人になったら、先輩、上司、後輩、同期、取引先、、、、
たくさんの繋がりができるじゃろうけど
いつか壁にぶつかったとき、岐路に立たされたとき、最後にお前を助けてくれるのは絶対友達なんよ。
自分が思っとる以上に友達っていう存在は大きなものなんよ。
だから、友達を大切にしなさい。」

広島に帰ったら必ず二人で飲みにいくんじゃけど、就職活動前にこの言葉を聞いて友達との縁を大切にしようと思えたのです。

30年働いてきた大先輩に、これだけは絶対ってものを社会人になる前に教えて貰って良かった。

以上!
まぁなんか照れ臭い言葉を並べましたが
ブログだからこそ綴れる私の想いです。

話を戻しまして
麻雀終わって、帰宅しまして
1日を終えましたとさ。

もう色々と赤裸々に書いちゃったから
今回はこの辺にしときましょう!笑

いつかこのブログがバレたときは
恥ずかしすぎて死ぬかもね。笑笑

まぁ、いいや。

てな感じで今回は終わり!

携帯で初めて更新するけど
面倒くさいときとかは良いかも〜。

次からはちゃんとパソコンで更新します!

ではでは
アデュー!
また明日!